白露(はくろ)/二十四節気と七十二候

二十四節気のひとつ「白露(はくろ)」の日付や季節を紹介しています。また白露の日から次の節気までの期間を3つに分けた七十二候についても紹介しています。

白露とは

白露(はくろ)は、秋の野に降りる「しらつゆ」のことで、大気がひえて野山の草に露ができる季節です。残暑の暑さの中に、秋の気配が濃くなるころです。

白露はいつ?

今年(2021年)の白露は「9月7日」です。

日付 二十四節気
2022年9月8日(木) 白露 (はくろ)
2021年9月7日(火) 白露 (はくろ)
2020年9月7日(月) 白露 (はくろ)

白露の候

白露の候(はくろのこう)は、白露の日から秋分(しゅうぶん)の前日までの期間をあらわします。候の字には季節の意味があり、手紙や挨拶で「白露の候」を使うときは、この期間に使います。

日付 二十四節気
2022年9月8日~2022年9月22日 白露の候 (はくろのこう)
2021年9月7日~2021年9月22日 白露の候 (はくろのこう)
2020年9月7日~2020年9月21日 白露の候 (はくろのこう)

草露白(くさのつゆしろし)/七十二候

白露初候「草露白(くさのつゆしろし)」は七十二候のひとつで、草におりた露が白く光ってみえる季節です。

日付 七十二候
2022年9月8日~2022年9月12日 草露白 (くさのつゆしろし)
2021年9月7日~2021年9月11日 草露白 (くさのつゆしろし)
2020年9月7日~2020年9月11日 草露白 (くさのつゆしろし)

鶺鴒鳴(せきれいなく)/七十二候

白露次候「鶺鴒鳴(せきれいなく)」は七十二候のひとつで、小川や湖沼などの水辺で、鶺鴒(せきれい)が鳴きはじめる季節です。鶺鴒は日本書紀にも登場する鳥です。

日付 七十二候
2022年9月13日~2022年9月17日 鶺鴒鳴 (せきれいなく)
2021年9月12日~2021年9月17日 鶺鴒鳴 (せきれいなく)
2020年9月12日~2020年9月16日 鶺鴒鳴 (せきれいなく)

玄鳥去(つばめさる)/七十二候

白露末候「玄鳥去(つばめさる)」は七十二候のひとつで、春に海を渡ってきたツバメたちが、暖かさを求めて南方へ帰っていく季節です。

日付 七十二候
2022年9月18日~2022年9月22日 玄鳥去 (つばめさる)
2021年9月18日~2021年9月22日 玄鳥去 (つばめさる)
2020年9月17日~2020年9月21日 玄鳥去 (つばめさる)

ほかの二十四節気・七十二候

二十四節気と七十二候」ページに早見表としてまとめています。