二十四節気

穀雨(こくう) – 二十四節気

穀雨(こくう)は、「百穀を潤す春雨」から付けられた名前で、煙るような春雨が降る日も多くなる季節です。この雨が田畑を潤し穀物などの種子の生長を助けるため、種まきに適した時期といわれています。

この頃を過ぎると、変わりやすい春の天気も安定し日射しが強くなってきます。

穀雨カレンダー

2022年の穀雨

日付 二十四節気
2022年4月20日
穀雨こくう

穀雨の候

穀雨の候(こくうのこう)は、穀雨から次の節気までの期間をあらわします。候の字には季節の意味があり、手紙や挨拶で「穀雨の候」を使うときは、この期間に使います。

日付 二十四節気
2022年4月20日-5月4日
穀雨の候こくうのこう
の穀雨を表示

穀雨と七十二候

1年を72の季節に分けた七十二候(しちじゅうにこう)では、穀雨から次の節気までの期間は3つの季節に分けられます。

二十四節気カレンダー