芒種(ぼうしゅ)/二十四節気

芒種(ぼうしゅ)は、梅の実が黄色く色付き、蛍が飛び交う季節です。「芒」とはイネ科の植物の穂先にある硬い毛のことで、もともとは田植えの季節でしたが、現在ではもっと早い時期から田植えが行われています。

芒種はいつ?

今年(2022年)の芒種は「6月6日」です。

日付 二十四節気 節月
2023年6月6日(火)
芒種ぼうしゅ
5月節
2022年6月6日(月)
芒種ぼうしゅ
5月節
2021年6月5日(土)
芒種ぼうしゅ
5月節

芒種の候

芒種の候(ぼうしゅのこう)は、芒種の日から夏至(げし)の前日までの期間をあらわします。候の字には季節の意味があり、手紙や挨拶で「芒種の候」を使うときは、この期間に使います。

日付 二十四節気
2023年6月6日-6月20日
芒種の候ぼうしゅのこう
2022年6月6日-6月20日
芒種の候ぼうしゅのこう
2021年6月5日-6月20日
芒種の候ぼうしゅのこう

芒種と七十二候

1年を72の季節に分けた七十二候(しちじゅうにこう)では、芒種の日から次の節気までの期間は3つの季節に分けられます。

蟷螂生(かまきりしょうず)

芒種初候「蟷螂生(かまきりしょうず)」は七十二候のひとつで、カマキリが生まれる季節です。

日付 七十二候
2023年6月6日-6月10日
蟷螂生かまきりしょうず
2022年6月6日-6月10日
蟷螂生かまきりしょうず
2021年6月5日-6月10日
蟷螂生かまきりしょうず

腐草為蛍(くされたるくさほたるとなる)

芒種次候「腐草為蛍(くされたるくさほたるとなる)」は七十二候のひとつで、蛍が光り飛び交う季節です。「腐った草が蛍になる」というのは中国から伝わった言い伝えで、日本でも蛍のことを「朽草(くちくさ)」と呼ぶようになりました。

日付 七十二候
2023年6月11日-6月15日
腐草為蛍くされたるくさほたるとなる
2022年6月11日-6月15日
腐草為蛍くされたるくさほたるとなる
2021年6月11日-6月15日
腐草為蛍くされたるくさほたるとなる

梅子黄(うめのみきばむ)

芒種末候「梅子黄(うめのみきばむ)」は七十二候のひとつで、梅の実が熟して黄色く色付く季節です。

日付 七十二候
2023年6月16日-6月20日
梅子黄うめのみきばむ
2022年6月16日-6月20日
梅子黄うめのみきばむ
2021年6月16日-6月20日
梅子黄うめのみきばむ

次の節気・前の節気