二十四節気

夏至(げし) – 二十四節気

夏至(げし)は二十四節気の一つで、1年の中でもっとも昼間が長くなる日です。梅雨のまっただ中でもあり、じめじめとした日が続きます。

関西の一部では、稲の根がタコの足のように深く広く張ることを祈願して、夏至から半夏生(夏至の10~11日後)の間にタコを食す風習があります。関東では、新小麦で作った焼き餅を神様にお供えする風習があります。

夏至カレンダー

2022年の夏至

日付 二十四節気
2022年6月21日
夏至げし

夏至の候

夏至の候(げしのこう)は、夏至から次の節気までの期間をあらわします。候の字には季節の意味があり、手紙や挨拶で「夏至の候」を使うときは、この期間に使います。

日付 二十四節気
2022年6月21日-7月6日
夏至の候げしのこう
の夏至を表示

夏至と七十二候

1年を72の季節に分けた七十二候(しちじゅうにこう)では、夏至から次の節気までの期間は3つの季節に分けられます。

二十四節気カレンダー