立夏(りっか)/二十四節気

立夏(りっか)は、夏の訪れを告げる日です。暦の上では夏ですが、新緑がまぶしく風はさわやかで気持ちの良い日が続きます。「立夏」や「夏立つ」は、夏の代表的な季語にもなっています。

立夏はいつ?

今年(2022年)の立夏は「5月5日」です。

日付 二十四節気 節月
2023年5月6日(土)
立夏りっか
4月節
2022年5月5日(木)
立夏りっか
4月節
2021年5月5日(水)
立夏りっか
4月節

立夏の候

立夏の候(りっかのこう)は、立夏の日から小満(しょうまん)の前日までの期間をあらわします。候の字には季節の意味があり、手紙や挨拶で「立夏の候」を使うときは、この期間に使います。

日付 二十四節気
2023年5月6日-5月20日
立夏の候りっかのこう
2022年5月5日-5月20日
立夏の候りっかのこう
2021年5月5日-5月20日
立夏の候りっかのこう

立夏と七十二候

1年を72の季節に分けた七十二候(しちじゅうにこう)では、立夏の日から次の節気までの期間は3つの季節に分けられます。

蛙始鳴(かわずはじめてなく)

立夏初候「蛙始鳴(かわずはじめてなく)」は七十二候のひとつで、野原や田んぼでカエルが鳴き始める季節です。

日付 七十二候
2023年5月6日-5月10日
蛙始鳴かわずはじめてなく
2022年5月5日-5月10日
蛙始鳴かわずはじめてなく
2021年5月5日-5月9日
蛙始鳴かわずはじめてなく

蚯蚓出(みみずいずる)

立夏次候「蚯蚓出(みみずいずる)」は七十二候のひとつで、ミミズが盛んに活動を始める季節です。ミミズは田畑の土を肥やしてくれる隠れた味方です。

日付 七十二候
2023年5月11日-5月15日
蚯蚓出みみずいずる
2022年5月11日-5月15日
蚯蚓出みみずいずる
2021年5月10日-5月15日
蚯蚓出みみずいずる

竹笋生(たけのこしょうず)

立夏末候「竹笋生(たけのこしょうず)」は七十二候のひとつで、タケノコ(筍)が竹になりグングン伸びていく季節です。食卓にあがるタケノコは、もっと前の若い時期に収穫します。

日付 七十二候
2023年5月16日-5月20日
竹笋生たけのこしょうず
2022年5月16日-5月20日
竹笋生たけのこしょうず
2021年5月16日-5月20日
竹笋生たけのこしょうず

次の節気・前の節気