冬至(とうじ)/二十四節気

冬至(とうじ)は、1年で最も夜が長くなる日です。北半球では、正午の太陽の高さが1年で最も低くなります。

昔からこの日を1年の境目として祝う風習があり、旧暦11月1日が冬至にあたった年は「朔旦冬至(さくたんとうじ)」といって特に縁起がよいとされ、宮中などで祝宴がひらかれました。

冬至の風習

冬至の風習には、本格的な冬の寒さに備えて体調を整える知恵が隠されています。

柚子湯

冬至に「柚子湯」に入ると風邪を引かず、無病息災で過ごせるという言い伝えがあります。新年に向けてけがれを祓い清めるみそぎの名残といわれていますが、柚子湯には、冷え性や神経痛、腰痛などを和らげてくれる血行促進作用があり、厳しい寒さに負けないための知恵ともいえます。

かぼちゃ

この日にかぼちゃを食べると風邪をひかないといわれています。本来は夏が旬ですが、保存がきき、珍しい野菜を供え物とする冬の祭事のならわしにしたがって、冬至の野菜にされたようです。野菜が不足しがちな冬場に、ビタミンやカロチンなどの栄養源として大事に保存し食べたといわれています。

冬至粥

冬至の日にいただく小豆粥を冬至粥といい、小豆が邪気を払うといわれています。

冬至大根

冬至の日に最も重んじられる野菜は大根です。冬の野菜の代表的なもので、1年12か月になぞらえて、12本の大根を贈る慣習があるそうです。冬至になると、ふろふき大根をふるまう神社もあります。

運盛り

冬至の日に「ん」のつく食べ物の盛り合わせを供えることを、運盛りといいます。大根をはじめ、銀杏(ぎんなん)、人参(にんじん)、蓮根(れんこん)、かぼちゃ(南瓜:なんきん)、金柑、寒天、うどんなどです。

冬至はいつ?

今年(2022年)の冬至は「12月22日」です。

日付 二十四節気 節月
2023年12月22日(金)
冬至とうじ
11月中
2022年12月22日(木)
冬至とうじ
11月中
2021年12月22日(水)
冬至とうじ
11月中

冬至の候

冬至の候(とうじのこう)は、冬至の日から小寒(しょうかん)の前日までの期間をあらわします。候の字には季節の意味があり、手紙や挨拶で「冬至の候」を使うときは、この期間に使います。

日付 二十四節気
2023年12月22日-1月5日
冬至の候とうじのこう
2022年12月22日-1月5日
冬至の候とうじのこう
2021年12月22日-1月4日
冬至の候とうじのこう

冬至と七十二候

1年を72の季節に分けた七十二候(しちじゅうにこう)では、冬至の日から次の節気までの期間は3つの季節に分けられます。

乃東生(なつかれくさしょうず)

冬至初候「乃東生(なつかれくさしょうず)」は七十二候のひとつで、草木が枯れはてた中で、シソ科のウツボグサだけが芽を出しはじめる季節です。ウツボグサは漢方薬としても夏枯草(かごそう)の名前で呼ばれています。

日付 七十二候
2023年12月22日-12月26日
乃東生なつかれくさしょうず
2022年12月22日-12月26日
乃東生なつかれくさしょうず
2021年12月22日-12月25日
乃東生なつかれくさしょうず

麋角解(さわしかのつのおつる)

冬至次候「麋角解(さわしかのつのおつる)」は七十二候のひとつで、麋(さわしか)の角が抜け落ちて、生え変わる季節です。麋とは中国に住んでいた体長約2mもあるシフゾウのことをいいます。現在では動物園にしかいません。

日付 七十二候
2023年12月27日-12月31日
麋角解さわしかのつのおつる
2022年12月27日-12月31日
麋角解さわしかのつのおつる
2021年12月26日-12月30日
麋角解さわしかのつのおつる

雪下出麦(ゆきくだりてむぎのびる)

冬至末候「雪下出麦(ゆきくだりてむぎのびる)」は七十二候のひとつで、大地を覆っている雪の下で、麦が芽をだす季節です。地中や冬木立の枝先で、植物は芽吹く力を育みます。

日付 七十二候
2024年1月1日-1月5日
雪下出麦ゆきくだりてむぎのびる
2023年1月1日-1月5日
雪下出麦ゆきくだりてむぎのびる
2021年12月31日-1月4日
雪下出麦ゆきくだりてむぎのびる

次の節気・前の節気