霜降(そうこう)/二十四節気と七十二候

二十四節気のひとつ「霜降(そうこう)」の日付や季節を紹介しています。また霜降の日から次の節気までの期間を3つに分けた七十二候についても紹介しています。

霜降とは

霜降(そうこう)は、冷たい風が吹き始め、寒さも次第に厳しくなり、山では初霜がおりる季節です。早朝にはぐっと冷え込みます。ときおり小雨がふり、秋の深まりの物寂しさを感じる頃です。

霜降はいつ?

今年(2021年)の霜降は「10月23日」です。

日付 二十四節気
2022年10月23日(日) 霜降 (そうこう)
2021年10月23日(土) 霜降 (そうこう)
2020年10月23日(金) 霜降 (そうこう)

霜降の候

霜降の候(そうこうのこう)は、霜降の日から立冬(りっとう)の前日までの期間をあらわします。候の字には季節の意味があり、手紙や挨拶で「霜降の候」を使うときは、この期間に使います。

日付 二十四節気
2022年10月23日~2022年11月6日 霜降の候 (そうこうのこう)
2021年10月23日~2021年11月6日 霜降の候 (そうこうのこう)
2020年10月23日~2020年11月6日 霜降の候 (そうこうのこう)

霜始降(しもはじめてふる)/七十二候

霜降初候「霜始降(しもはじめてふる)」は七十二候のひとつで、秋が深まり、山には霜がおり始める季節です。

日付 七十二候
2022年10月23日~2022年10月27日 霜始降 (しもはじめてふる)
2021年10月23日~2021年10月27日 霜始降 (しもはじめてふる)
2020年10月23日~2020年10月27日 霜始降 (しもはじめてふる)

霎時施(こさめときどきふる)/七十二候

霜降次候「霎時施(こさめときどきふる)」は七十二候のひとつで、しとしとと小雨が降り、わびしい季節です。

日付 七十二候
2022年10月28日~2022年11月1日 霎時施 (こさめときどきふる)
2021年10月28日~2021年11月1日 霎時施 (こさめときどきふる)
2020年10月28日~2020年11月1日 霎時施 (こさめときどきふる)

楓蔦黄(もみじつたきばむ)/七十二候

霜降末候「楓蔦黄(もみじつたきばむ)」は七十二候のひとつで、モミジやツタの葉が黄色く色付く季節です。

日付 七十二候
2022年11月2日~2022年11月6日 楓蔦黄 (もみじつたきばむ)
2021年11月2日~2021年11月6日 楓蔦黄 (もみじつたきばむ)
2020年11月2日~2020年11月6日 楓蔦黄 (もみじつたきばむ)

ほかの二十四節気・七十二候

二十四節気と七十二候」ページに早見表としてまとめています。