夏至(げし)/二十四節気

夏至(げし)は、1年の中でもっとも昼間が長くなる日です。梅雨のまっただ中でもあり、じめじめとした日が続きます。

大阪の一部では、稲の根がタコの足のように深く広く張ることを祈願して、夏至から半夏生(夏至の10~11日後)の間にタコを食す風習があります。関東では、新小麦で作った焼き餅を神様にお供えする風習があります。

夏至はいつ?

今年(2022年)の夏至は「6月21日」です。

日付 二十四節気 節月
2023年6月21日(水)
夏至げし
5月中
2022年6月21日(火)
夏至げし
5月中
2021年6月21日(月)
夏至げし
5月中

夏至の候

夏至の候(げしのこう)は、夏至の日から小暑(しょうしょ)の前日までの期間をあらわします。候の字には季節の意味があり、手紙や挨拶で「夏至の候」を使うときは、この期間に使います。

日付 二十四節気
2023年6月21日-7月6日
夏至の候げしのこう
2022年6月21日-7月6日
夏至の候げしのこう
2021年6月21日-7月6日
夏至の候げしのこう

夏至と七十二候

1年を72の季節に分けた七十二候(しちじゅうにこう)では、夏至の日から次の節気までの期間は3つの季節に分けられます。

乃東枯(なつかれくさかるる)

夏至初候「乃東枯(なつかれくさかるる)」は七十二候のひとつで、シソ科のウツボグサの花穂が黒ずむ季節です。その姿が枯れたように見えることから乃東(なつかれくさ)と呼ばれました。漢方薬としても夏枯草(かごそう)の名前で呼ばれています。

日付 七十二候
2023年6月21日-6月26日
乃東枯なつかれくさかるる
2022年6月21日-6月25日
乃東枯なつかれくさかるる
2021年6月21日-6月25日
乃東枯なつかれくさかるる

菖蒲華(あやめはなさく)

夏至次候「菖蒲華(あやめはなさく)」は七十二候のひとつで、菖蒲の花が咲き始める季節です。菖蒲が咲くと梅雨到来の目安でした。

日付 七十二候
2023年6月27日-7月1日
菖蒲華あやめはなさく
2022年6月26日-7月1日
菖蒲華あやめはなさく
2021年6月26日-7月1日
菖蒲華あやめはなさく

半夏生(はんげしょうず)

夏至末候「半夏生(はんげしょうず)」は七十二候のひとつで、半夏が生え始める季節です。半夏とは、烏柄杓(からすびしゃく)というサトイモ科の草のことで漢方薬にも用いられます。

日付 七十二候
2023年7月2日-7月6日
半夏生はんげしょうず
2022年7月2日-7月6日
半夏生はんげしょうず
2021年7月2日-7月6日
半夏生はんげしょうず

次の節気・前の節気