1873年(明治6年)1月31日の暦|KOYOMI NOTE

1873年(明治6年)1月31日の暦

koyominote

1873年1月31日(金曜日)の日めくりカレンダー。季節や行事、吉日、干支などを紹介。

1873年1月31日(金)

元号
明治6年
月相
三日月
雑節
土用どよう
旧暦
旧暦 1月3日

1873年1月31日の吉凶

十二直
やぶる
二十七宿
奎宿けいしゅく

1873年1月31日の干支

年の十二支
酉年とりどし
年の干支
癸酉みずのととり
月の十二支
寅の月とらのつき
月の干支
甲寅きのえとら
日の十二支
未の日ひつじのひ
日の干支
癸未みずのとひつじ

1873年1月のカレンダー

こよみの豆知識

鶏始乳

鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)は七十二候のひとつで、鶏が春の気配を感じて、卵を産みはじめる季節です。

三日月

三日月(みかづき)は、旧暦で毎月3日の月のことをいいます。眉の形に似ていることから眉月(まゆづき)とも呼ばれます。

先負

先負(せんぷ)は六曜の一つで「せんまけ」「さきまけ」とも読みます。先負の日は、争いごとを避けて平穏にするのが良いといわれています。

破(やぶる)は十二直の一つで、突破するという意味があります。破の日は、訴訟などの争いごとに吉、引っ越し・婚礼・祭事などお祝い事には凶といわれています。

亢宿

亢宿(こうしゅく)は二十八宿の一つで、和名では「あみぼし」と呼ばれます。亢宿の日は、婚礼・種まき・裁縫などに吉、家の建築は凶といわれています。

不成就日

不成就日(ふじょうじゅにち)は選日の一つで、何事も成就しない日といわれています。

天恩日

天恩日(てんおんにち)は、暦の下段に記されていた吉日の一つです。天恩日は、婚礼などおめでたいことに大吉といわれています。

小土

大土(おおづち)・小土(こづち)は、暦に記されていた選日の一つです。大土と小土の期間は、種まきや穴掘りなど土いじりを避ける日といわれています。

暦と歳時記

記事URLをコピーしました