子年(ねどし)/ねずみ年生まれの年齢早見表

子(ね)は十二支の1番目で動物ではネズミ(鼠)です。子年(ねどし)生まれの年齢や、ネズミの由来を紹介します。

子年(ねどし)生まれは何歳?

2022年の子年の年齢

生まれ年 満年齢 数え年 十二支 干支
2020年生まれ
(令和2年)
2歳 3歳 子年ねどし 庚子かのえね
2008年生まれ
(平成20年)
14歳 15歳 子年ねどし 戊子つちのえね
1996年生まれ
(平成8年)
26歳 27歳 子年ねどし 丙子ひのえね
1984年生まれ
(昭和59年)
38歳 39歳 子年ねどし 甲子きのえね
1972年生まれ
(昭和47年)
50歳 51歳 子年ねどし 壬子みずのえね
1960年生まれ
(昭和35年)
62歳 63歳 子年ねどし 庚子かのえね
1948年生まれ
(昭和23年)
74歳 75歳 子年ねどし 戊子つちのえね
1936年生まれ
(昭和11年)
86歳 87歳 子年ねどし 丙子ひのえね
1924年生まれ
(大正13年)
98歳 99歳 子年ねどし 甲子きのえね
1912年生まれ
(大正元年/明治45年)
110歳 111歳 子年ねどし 壬子みずのえね
1900年生まれ
(明治33年)
122歳 123歳 子年ねどし 庚子かのえね
1888年生まれ
(明治21年)
134歳 135歳 子年ねどし 戊子つちのえね
の年齢を表示

※ 満年齢は誕生日で何歳になるかを掲せています。

子とネズミの由来

子年(ねどし)の「子」の字は、赤ちゃんの形から生まれた漢字です。そこから赤ちゃんをたくさん生む動物として「ネズミ」になったと言われています。

ほかの十二支一覧