小満(しょうまん)/二十四節気

小満(しょうまん)は、陽気が良くなり、様々な生き物がしだいに成長して生気があふれる季節です。麦畑が黄緑色に色付くので、小満の日を「麦生日」(ばくしょうび)ともいいます。この頃から本州が梅雨入りになる年もあります。

小満はいつ?

今年(2022年)の小満は「5月21日」です。

日付 二十四節気 節月
2023年5月21日(日)
小満しょうまん
4月中
2022年5月21日(土)
小満しょうまん
4月中
2021年5月21日(金)
小満しょうまん
4月中

小満の候

小満の候(しょうまんのこう)は、小満の日から芒種(ぼうしゅ)の前日までの期間をあらわします。候の字には季節の意味があり、手紙や挨拶で「小満の候」を使うときは、この期間に使います。

日付 二十四節気
2023年5月21日-6月5日
小満の候しょうまんのこう
2022年5月21日-6月5日
小満の候しょうまんのこう
2021年5月21日-6月4日
小満の候しょうまんのこう

小満と七十二候

1年を72の季節に分けた七十二候(しちじゅうにこう)では、小満の日から次の節気までの期間は3つの季節に分けられます。

蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ)

小満初候「蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ)」は七十二候のひとつで、眠りからさめた蚕が、桑の葉をたくさん食べて育つ季節です。蚕がさなぎになるときに作るのが絹(シルク)です。

日付 七十二候
2023年5月21日-5月25日
蚕起食桑かいこおきてくわをはむ
2022年5月21日-5月25日
蚕起食桑かいこおきてくわをはむ
2021年5月21日-5月25日
蚕起食桑かいこおきてくわをはむ

紅花栄(べにばなさかう)

小満次候「紅花栄(べにばなさかう)」は七十二候のひとつで、サツキの赤い花が見ごろを迎える季節です。

紅花とは「七十二候鳥獣虫魚草木略解(1821年)」では、染料に使うベニバナのことと書かれていますが、実はベニバナの最盛期は7月頃です。この候の紅花とは赤い花の意味でサツキのことを指すと考えられます。

日付 七十二候
2023年5月26日-5月31日
紅花栄べにばなさかう
2022年5月26日-5月30日
紅花栄べにばなさかう
2021年5月26日-5月30日
紅花栄べにばなさかう

麦秋至(むぎのときいたる)

小満末候「麦秋至(むぎのときいたる)」は七十二候のひとつで、麦が熟して収穫する季節です。麦畑が黄金色になるため「麦の秋」と呼ばれました。

日付 七十二候
2023年6月1日-6月5日
麦秋至むぎのときいたる
2022年5月31日-6月5日
麦秋至むぎのときいたる
2021年5月31日-6月4日
麦秋至むぎのときいたる

次の節気・前の節気