穀雨(こくう)/二十四節気

穀雨(こくう)は、「百穀を潤す春雨」から付けられた名前で、煙るような春雨が降る日も多くなる季節です。この雨が田畑を潤し穀物などの種子の生長を助けるため、種まきに適した時期といわれています。

この頃を過ぎると、変わりやすい春の天気も安定し日射しが強くなってきます。

穀雨はいつ?

今年(2022年)の穀雨は「4月20日」です。

日付 二十四節気 節月
2023年4月20日(木)
穀雨こくう
3月中
2022年4月20日(水)
穀雨こくう
3月中
2021年4月20日(火)
穀雨こくう
3月中

穀雨の候

穀雨の候(こくうのこう)は、穀雨の日から立夏(りっか)の前日までの期間をあらわします。候の字には季節の意味があり、手紙や挨拶で「穀雨の候」を使うときは、この期間に使います。

日付 二十四節気
2023年4月20日-5月5日
穀雨の候こくうのこう
2022年4月20日-5月4日
穀雨の候こくうのこう
2021年4月20日-5月4日
穀雨の候こくうのこう

穀雨と七十二候

1年を72の季節に分けた七十二候(しちじゅうにこう)では、穀雨の日から次の節気までの期間は3つの季節に分けられます。

葭始生(あしはじめてしょうず)

穀雨初候「葭始生(あしはじめてしょうず)」は七十二候のひとつで、川や湖沼などの水辺では、葦が芽を吹きはじめる季節です。

日付 七十二候
2023年4月20日-4月24日
葭始生あしはじめてしょうず
2022年4月20日-4月24日
葭始生あしはじめてしょうず
2021年4月20日-4月24日
葭始生あしはじめてしょうず

霜止出苗(しもやんでなえいずる)

穀雨次候「霜止出苗(しもやんでなえいずる)」は七十二候のひとつで、霜の季節が終わり、稲の苗が苗代で生長する季節です。種籾(たねもみ)が芽吹き、すくすくと伸びていきます。

日付 七十二候
2023年4月25日-4月29日
霜止出苗しもやんでなえいずる
2022年4月25日-4月29日
霜止出苗しもやんでなえいずる
2021年4月25日-4月29日
霜止出苗しもやんでなえいずる

牡丹華(ぼたんはなさく)

穀雨末候「牡丹華(ぼたんはなさく)」は七十二候のひとつで、牡丹(ボタン)の花が大きく華やかに咲く季節です。

日付 七十二候
2023年4月30日-5月5日
牡丹華ぼたんはなさく
2022年4月30日-5月4日
牡丹華ぼたんはなさく
2021年4月30日-5月4日
牡丹華ぼたんはなさく

次の節気・前の節気