小寒(しょうかん)/二十四節気

小寒(しょうかん)は、新年を迎えて本格的な寒さが訪れる季節です。小寒に入ることを「寒の入り」、節分までを「寒の内」といい、この日から池や川などに張る氷は厚みを増して、寒さが身にしみる頃になります。

小寒を迎えたら、新年の挨拶状は「寒中お見舞い」とします。

小寒はいつ?

今年(2022年)の小寒は「1月5日」です。

日付 二十四節気 節月
2023年1月6日(金)
小寒しょうかん
12月節
2022年1月5日(水)
小寒しょうかん
12月節
2021年1月5日(火)
小寒しょうかん
12月節

小寒の候

小寒の候(しょうかんのこう)は、小寒の日から大寒(だいかん)の前日までの期間をあらわします。候の字には季節の意味があり、手紙や挨拶で「小寒の候」を使うときは、この期間に使います。

日付 二十四節気
2023年1月6日-1月19日
小寒の候しょうかんのこう
2022年1月5日-1月19日
小寒の候しょうかんのこう
2021年1月5日-1月19日
小寒の候しょうかんのこう

小寒と七十二候

1年を72の季節に分けた七十二候(しちじゅうにこう)では、小寒の日から次の節気までの期間は3つの季節に分けられます。

芹乃栄(せりすなわちさかう)

小寒初候「芹乃栄(せりすなわちさかう)」は七十二候のひとつで、空気が冷えて澄みきり、芹(せり)がすくすく育つ季節です。芹は春の七草のひとつで、1月7日には七草粥をいただきます。

日付 七十二候
2023年1月6日-1月9日
芹乃栄せりすなわちさかう
2022年1月5日-1月9日
芹乃栄せりすなわちさかう
2021年1月5日-1月9日
芹乃栄せりすなわちさかう

水泉動(しみずあたたかをふくむ)

小寒次候「水泉動(しみずあたたかをふくむ)」は七十二候のひとつで、地中で凍っている泉に動きがみられる季節です。

日付 七十二候
2023年1月10日-1月14日
水泉動しみずあたたかをふくむ
2022年1月10日-1月14日
水泉動しみずあたたかをふくむ
2021年1月10日-1月14日
水泉動しみずあたたかをふくむ

雉始雊(きじはじめてなく)

小寒末候「雉始雊(きじはじめてなく)」は七十二候のひとつで、オスの雉(きじ)が鳴きはじめる季節です。

日付 七十二候
2023年1月15日-1月19日
雉始雊きじはじめてなく
2022年1月15日-1月19日
雉始雊きじはじめてなく
2021年1月15日-1月19日
雉始雊きじはじめてなく

次の節気・前の節気