1873年(明治6年)7月6日の暦|KOYOMI NOTE

1873年(明治6年)7月6日の暦

koyominote

1873年7月6日(日曜日)の日めくりカレンダー。季節や行事、吉日、干支などを紹介。

1873年7月6日(日)

元号
明治6年
月相
旧暦
旧暦 6月12日

1873年7月6日の吉凶

十二直
のぞく
二十七宿
尾宿びしゅく

1873年7月6日の干支

年の十二支
酉年とりどし
年の干支
癸酉みずのととり
月の十二支
申の月さるのつき
月の干支
庚申かのえさる
日の十二支
未の日ひつじのひ
日の干支
己未つちのとひつじ

1873年7月のカレンダー

こよみの豆知識

半夏生

半夏生(はんげしょうず)は七十二候のひとつで、半夏が生え始める季節です。

大安

大安(たいあん)は六曜の一つで「だいあん」とも読みます。大安の日は、何をするにも良い日で、特に婚礼に良いといわれています。

除(のぞく)は十二直の一つで、障害を取り除くという意味があります。除の日は、お祓い・掃除・病気の治療には吉、婚礼・金銭の支払いには凶といわれています。

昴宿

昴宿(ぼうしゅく)は二十八宿の一つで、和名では「すばるぼし」と呼ばれます。昴宿の日は、神仏詣・家の建築などに吉といわれています。

大明日

大明日(だいみょうにち)は、暦の下段に記されていた吉日の一つです。大明日は、家の建築・旅行・引っ越しなどに吉といわれています。

神吉日

神吉日(かみよしにち)は、暦の下段に記されていた吉日の一つです。神吉日は、神社への参拝など神事に関することに吉といわれています。

八専

八専(はっせん)は、暦に記されていた選日の一つです。庶民の間では天気占いとして用いられることが多く、特に八専の2日目を「八専二郎」と呼び、この日の天気が良いと豊作になるといわれていました。

暦と歳時記

記事URLをコピーしました