五節句・年中行事と祝日

毎年慣例として行われる五節句(ごせっく)・年中行事や国民の祝日についてまとめています。

五節句とは

五節句は中国から伝わった習わしと、日本の行事が結びついて定着したものです。江戸時代には幕府により公的な行事として定められていました。「節」とは、もともとは季節の節目のことを言いました。

五節句の由来

五節句は中国の陰陽五行に由来します。陰陽五行では「偶数を陰の気」「奇数を陽の気」とするため奇数は縁起が良いとされています。しかし、月と日ともに奇数となる日は、めでたくもありますが、陽の気が強くなりすぎて注意が必要な日(忌み日)とされます。そこで、ごちそうを供えて神様をお迎えし、禊(みそぎ)と祓い(はらい)をするようになりました。

五節句カレンダー

2021年の五節句

日付 五節句
1月7日(木) 七草 (ななくさ)
3月3日(水) 桃の節句 (もものせっく)
5月5日(水) 端午の節句 (たんごのせっく)
7月7日(水) 七夕 (たなばた)
9月9日(木) 重陽の節句 (ちょうようのせっく)

前後の年の五節句

年中行事とは

年中行事とは、毎年慣例として行われる行事のことです。日本の伝統的なものだけでなく、新しく海外から伝わったものも増えています。

年中行事カレンダー

2021年の年中行事

日付 年中行事
1月15日(金) 小正月 (こしょうがつ)
2月3日(水) 初午 (はつうま)
2月14日(日) バレンタインデー
3月14日(日) ホワイトデー
4月8日(木) 花まつり
4月13日(火) 十三参り (じゅうさんまいり)
5月9日(日) 母の日
6月20日(日) 父の日
6月30日(水) 夏越の祓 (なごしのはらえ)
10月31日(日) ハロウィン
11月15日(月) 七五三 (しちごさん)
11月26日(金) ブラックフライデー
12月13日(月) 正月事始め (しょうがつごとはじめ)
12月25日(土) クリスマス
12月31日(金) 大晦日 (おおみそか)

前後の年の年中行事

国民の祝日とは

国民の祝日は「国民の祝日に関する法律 第1条」で次のようにうたわれています。

自由と平和を求めてやまない日本国民は、美しい風習を育てつつ、よりよき社会、より豊かな生活を築きあげるために、ここに国民こぞって祝い、感謝し、又は記念する日を定め、これを「国民の祝日」と名づける。

国民の祝日・休日カレンダー

2021年の祝日・休日

日付 祝日・休日
1月1日(金) 元日
1月11日(月) 成人の日
2月11日(木) 建国記念の日
2月23日(火) 天皇誕生日
3月20日(土) 春分の日
4月29日(木) 昭和の日
5月3日(月) 憲法記念日
5月4日(火) みどりの日
5月5日(水) こどもの日
7月22日(木) 海の日
7月23日(金) スポーツの日
8月8日(日) 山の日
8月9日(月) 振替休日
9月20日(月) 敬老の日
9月23日(木) 秋分の日
11月3日(水) 文化の日
11月23日(火) 勤労感謝の日

前後の年の祝日・休日