12月(師走)の暦と歳時記

12月の和名は「師走」です。「師」とは、学校の先生や人の手本となる人、お坊さんのことをいいます。12月は1年の終わりの時期であるとともに、お正月を迎えるための準備なども始まるため、先生やお坊さんが忙しく走り回る季節です。

12月の年中行事・祝日

正月事始め(しょうがつごとはじめ)

12月13日の正月事始めは、正月の準備をはじめる日のことです。大掃除にあたる煤払い(すすはらい)も、昔はこの日に行われていました。

正月事始め(しょうがつごとはじめ)/年中行事 正月事始め(しょうがつごとはじめ)は、正月の準備を始める日のことで12月13日にあたります。平安時代から江戸時代前期まで使用されていた...

クリスマス

12月25日のクリスマスは、イエス・キリストの誕生をお祝いする日です。日本ではサンタクロースからプレゼントをもらうなど、楽しいイベントの日として定着しています。

大晦日(おおみそか)

12月31日の大晦日は、1年の最後の日のことをいいます。大晦日には、年越しそば、除夜の鐘、八坂神社のをけら詣りなどの風習があります。

大晦日(おおみそか)/年中行事 大晦日は一年の最後の日のことで、年神様を家に迎え入れる一年で最も大切な日とされてきました。毎月の最後の日のことを晦日(みそか)といい、...

12月の二十四節気・雑節

大雪(たいせつ)

大雪は二十四節気のひとつで、冬本番の到来を感じる季節です。

大雪(たいせつ)/二十四節気 大雪(たいせつ)は、本格的に雪が降りはじめ、冬本番の到来を感じる季節です。日本海側では雪が激しく降り、太平洋側には乾燥した冷たい風が吹...

冬至(とうじ)

冬至は二十四節気のひとつで、夜が最も長くなる日です。かぼちゃや冬至粥を食べたり、柚子湯に入ったりする風習があります。

冬至(とうじ)/二十四節気 冬至(とうじ)は、1年で最も夜が長くなる日です。北半球では、正午の太陽の高さが1年で最も低くなります。 昔からこの日を1年の境目...

12月あれこれ

餅つき

昔は25日~28日ごろに各家庭で餅つきをしていました。正月用の餅をつく習わしは本来は神聖な行事で、餅をつく臼や米を蒸すせいろには、しめ縄を張り、臼の下には塩で清めた藁を敷していました。29日(苦餅)と31日(一夜餅)は縁起が良くないと言われています。

12月の草花

12月に咲く花には、「シクラメン」「サザンカ」「スイセン」などがあります。

ほかにも「草花/12月」ページに12月に咲く花をまとめています。

12月のカレンダー

次の月・前の月