啓蟄(けいちつ)/二十四節気

啓蟄(けいちつ)は、土の中にいた虫たちが、春の気配を感じて地上に出てくる季節です。モンシロチョウや、冬眠していたカエルなどが出てくるのもこの頃です。「蟄」の字には虫が土の中にこもる、「啓」の字には戸を開くという意味があります。

啓蟄はいつ?

今年(2022年)の啓蟄は「3月5日」です。

日付 二十四節気 節月
2023年3月6日(月)
啓蟄けいちつ
2月節
2022年3月5日(土)
啓蟄けいちつ
2月節
2021年3月5日(金)
啓蟄けいちつ
2月節

啓蟄の候

啓蟄の候(けいちつのこう)は、啓蟄の日から春分(しゅんぶん)の前日までの期間をあらわします。候の字には季節の意味があり、手紙や挨拶で「啓蟄の候」を使うときは、この期間に使います。

日付 二十四節気
2023年3月6日-3月20日
啓蟄の候けいちつのこう
2022年3月5日-3月20日
啓蟄の候けいちつのこう
2021年3月5日-3月19日
啓蟄の候けいちつのこう

啓蟄と七十二候

1年を72の季節に分けた七十二候(しちじゅうにこう)では、啓蟄の日から次の節気までの期間は3つの季節に分けられます。

蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)

啓蟄初候「蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)」は七十二候のひとつで、土の中に冬ごもりしていた虫たちが、穴をあけて地上へ出てくる季節です。虫にかぎらず様々な生きものが活動を始めます。

日付 七十二候
2023年3月6日-3月10日
蟄虫啓戸すごもりむしとをひらく
2022年3月5日-3月9日
蟄虫啓戸すごもりむしとをひらく
2021年3月5日-3月9日
蟄虫啓戸すごもりむしとをひらく

桃始笑(ももはじめてさく)

啓蟄次候「桃始笑(ももはじめてさく)」は七十二候のひとつで、桃のつぼみがほころび、花が咲き始める季節です。花が咲くことを昔は笑うといいました。

日付 七十二候
2023年3月11日-3月15日
桃始笑ももはじめてさく
2022年3月10日-3月14日
桃始笑ももはじめてさく
2021年3月10日-3月14日
桃始笑ももはじめてさく

菜虫化蝶(なむしちょうとなる)

啓蟄末候「菜虫化蝶(なむしちょうとなる)」は七十二候のひとつで、菜虫(青虫)が羽化しチョウチョになって飛び始める季節です。

日付 七十二候
2023年3月16日-3月20日
菜虫化蝶なむしちょうとなる
2022年3月15日-3月20日
菜虫化蝶なむしちょうとなる
2021年3月15日-3月19日
菜虫化蝶なむしちょうとなる

次の節気・前の節気