大寒(だいかん)/二十四節気

大寒(だいかん)は、1年でもっとも寒さが厳しい季節です。小寒と大寒をあわせた約30日間を「寒の内」といいます。寒の内の水は腐らないとされ、味噌や醤油、酒造りなどの寒仕込みが行われてきました。

大寒が終わると立春を迎え、待ちに待った春が到来します。

大寒はいつ?

今年(2022年)の大寒は「1月20日」です。

日付 二十四節気 節月
2023年1月20日(金)
大寒だいかん
12月中
2022年1月20日(木)
大寒だいかん
12月中
2021年1月20日(水)
大寒だいかん
12月中

大寒の候

大寒の候(だいかんのこう)は、大寒の日から立春(りっしゅん)の前日までの期間をあらわします。候の字には季節の意味があり、手紙や挨拶で「大寒の候」を使うときは、この期間に使います。

日付 二十四節気
2023年1月20日-2月3日
大寒の候だいかんのこう
2022年1月20日-2月3日
大寒の候だいかんのこう
2021年1月20日-2月2日
大寒の候だいかんのこう

大寒と七十二候

1年を72の季節に分けた七十二候(しちじゅうにこう)では、大寒の日から次の節気までの期間は3つの季節に分けられます。

款冬華(ふきのはなさく)

大寒初候「款冬華(ふきのはなさく)」は七十二候のひとつで、蕗(ふき)の花が顔を出しはじめる季節です。フキノトウと呼ばれます。

日付 七十二候
2023年1月20日-1月24日
款冬華ふきのはなさく
2022年1月20日-1月24日
款冬華ふきのはなさく
2021年1月20日-1月24日
款冬華ふきのはなさく

水澤腹堅(さわみずこおりつめる)

大寒次候「水澤腹堅(さわみずこおりつめる)」は七十二候のひとつで、寒さが厳しく、沢の水が厚くはりつめる季節です。

日付 七十二候
2023年1月25日-1月29日
水澤腹堅さわみずこおりつめる
2022年1月25日-1月29日
水澤腹堅さわみずこおりつめる
2021年1月25日-1月29日
水澤腹堅さわみずこおりつめる

鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)

大寒末候「鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)」は七十二候のひとつで、鶏が春の気配を感じて、卵を産みはじめる季節です。

日付 七十二候
2023年1月30日-2月3日
鶏始乳にわとりはじめてとやにつく
2022年1月30日-2月3日
鶏始乳にわとりはじめてとやにつく
2021年1月30日-2月2日
鶏始乳にわとりはじめてとやにつく

次の節気・前の節気