寒露(かんろ)/二十四節気と七十二候

二十四節気のひとつ「寒露(かんろ)」の日付や季節を紹介しています。また寒露の日から次の節気までの期間を3つに分けた七十二候についても紹介しています。

寒露とは

寒露(かんろ)は、急速に秋が深まり、野草におりる露が冷たく感じる季節です。朝晩の澄みきった空気に寒さが感じられるようになります。

寒露はいつ?

今年(2021年)の寒露は「10月8日」です。

日付 二十四節気
2022年10月8日(土) 寒露 (かんろ)
2021年10月8日(金) 寒露 (かんろ)
2020年10月8日(木) 寒露 (かんろ)

寒露の候

寒露の候(かんろのこう)は、寒露の日から霜降(そうこう)の前日までの期間をあらわします。候の字には季節の意味があり、手紙や挨拶で「寒露の候」を使うときは、この期間に使います。

日付 二十四節気
2022年10月8日~2022年10月22日 寒露の候 (かんろのこう)
2021年10月8日~2021年10月22日 寒露の候 (かんろのこう)
2020年10月8日~2020年10月22日 寒露の候 (かんろのこう)

鴻雁来(こうがんきたる)/七十二候

寒露初候「鴻雁来(こうがんきたる)」は七十二候のひとつで、渡り鳥の雁(がん)が北から隊列を組んで、湖沼や池に渡ってくる季節です。その年最初の雁の訪れを、初雁(はつかり)といいます。

日付 七十二候
2022年10月8日~2022年10月12日 鴻雁来 (こうがんきたる)
2021年10月8日~2021年10月12日 鴻雁来 (こうがんきたる)
2020年10月8日~2020年10月12日 鴻雁来 (こうがんきたる)

菊花開(きくのはなひらく)/七十二候

寒露次候「菊花開(きくのはなひらく)」は七十二候のひとつで、菊の花が咲き始める季節です。菊は奈良時代に、中国より薬草としてに伝わりました。

日付 七十二候
2022年10月13日~2022年10月17日 菊花開 (きくのはなひらく)
2021年10月13日~2021年10月17日 菊花開 (きくのはなひらく)
2020年10月13日~2020年10月17日 菊花開 (きくのはなひらく)

蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)/七十二候

寒露末候「蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)」は七十二候のひとつで、キリギリスが民家の近くで鳴く季節です。

日付 七十二候
2022年10月18日~2022年10月22日 蟋蟀在戸 (きりぎりすとにあり)
2021年10月18日~2021年10月22日 蟋蟀在戸 (きりぎりすとにあり)
2020年10月18日~2020年10月22日 蟋蟀在戸 (きりぎりすとにあり)

ほかの二十四節気・七十二候

二十四節気と七十二候」ページに早見表としてまとめています。