2023年(令和5年)9月15日の暦|KOYOMI NOTE

2023年(令和5年)9月15日の暦

koyominote

2023年9月15日(金曜日)の日めくりカレンダー。季節や行事、吉日、干支などを紹介。

2023年9月15日(金)

元号
令和5年
月相
新月
年中行事
八朔はっさく
旧暦
旧暦 8月1日

2023年9月15日の吉凶

十二直
たいら
二十八宿
鬼宿きしゅく
二十七宿
角宿かくしゅく

2023年9月15日の干支

年の十二支
卯年うどし
年の干支
癸卯みずのとう
月の十二支
戌の月いぬのつき
月の干支
壬戌みずのえいぬ
日の十二支
子の日ねのひ
日の干支
丙子ひのえね

2023年9月のカレンダー

こよみの豆知識

八朔

八朔(はっさく)は旧暦8月1日のことで、初穂を恩人などに贈る「たのみの節」が起源といわれています。

鶺鴒鳴

鶺鴒鳴(せきれいなく)は七十二候のひとつで、小川や湖沼などの水辺で、鶺鴒(せきれい)が鳴きはじめる季節です。

新月

新月は、月に太陽の光があたらず見えない月のことで、朔(さく)とも呼ばれます。旧暦では新月の日を1日としていました。

友引

友引(ともびき)は六曜の一つで「ゆういん」とも読みます。友引の日は、友を引くという意味から葬儀には良くないといわれています。

平(たいら)は十二直の一つで、平穏という意味があります。平の日は、婚礼・家の建築・引っ越しなど、ほぼ全てのことに吉、溝堀りには凶といわれています。

鬼宿

鬼宿(きしゅく)は二十八宿の一つで、和名では「たまおのぼし」と呼ばれます。鬼宿日は、二十八宿の中で最も良い日で、ほぼ全てのことに吉、婚礼のみ凶といわれています。

大土

大土(おおづち)・小土(こづち)は、暦に記されていた選日の一つです。大土と小土の期間は、種まきや穴掘りなど土いじりを避ける日といわれています。

暦と歳時記

記事URLをコピーしました