1873年(明治6年)3月20日の暦|KOYOMI NOTE

1873年(明治6年)3月20日の暦

koyominote

1873年3月20日(木曜日)の日めくりカレンダー。季節や行事、吉日、干支などを紹介。

1873年3月20日(木)

元号
明治6年
月相
二十四節気
春分しゅんぶん
旧暦
旧暦 2月22日

1873年3月20日の吉凶

十二直
さだん
二十七宿
斗宿としゅく

1873年3月20日の干支

年の十二支
酉年とりどし
年の干支
癸酉みずのととり
月の十二支
辰の月たつのつき
月の干支
丙辰ひのえたつ
日の十二支
未の日ひつじのひ
日の干支
辛未かのとひつじ

1873年3月のカレンダー

こよみの豆知識

春分

春分(しゅんぶん)は二十四節気の一つで、1日の昼と夜の長さがほぼ等しくなる日です。太陽がちょうど真東から上り真西に沈みます。

雀始巣

雀始巣(すずめはじめてすくう)は七十二候のひとつで、雀が枯草や毛を集め、巣を作りはじめる季節です。

彼岸

彼岸(ひがん)は雑節の一つで、春は春分の前後7日間、秋は秋分の前後7日間にあたります。彼岸の日には、先祖のお墓参りをする風習があります。

大安

大安(たいあん)は六曜の一つで「だいあん」とも読みます。大安の日は、何をするにも良い日で、特に婚礼に良いといわれています。

定(さだん)は十二直の一つで、物事が定まるという意味があります。定の日は、婚礼・引っ越し・家の建築・売買には吉、旅行・訴訟には凶といわれています。

井宿

井宿(せいしゅく)は二十八宿の一つで、和名では「ちちりぼし」と呼ばれます。井宿の日は、種まき・神事に吉、衣類の仕立ては凶といわれています。

大明日

大明日(だいみょうにち)は、暦の下段に記されていた吉日の一つです。大明日は、家の建築・旅行・引っ越しなどに吉といわれています。

大土

大土(おおづち)・小土(こづち)は、暦に記されていた選日の一つです。大土と小土の期間は、種まきや穴掘りなど土いじりを避ける日といわれています。

暦と歳時記

記事URLをコピーしました