1873年(明治6年)3月18日の暦|KOYOMI NOTE

1873年(明治6年)3月18日の暦

koyominote

1873年3月18日(火曜日)の日めくりカレンダー。季節や行事、吉日、干支などを紹介。

1873年3月18日(火)

元号
明治6年
月相
旧暦
旧暦 2月20日

1873年3月18日の吉凶

十二直
みつ
二十八宿
觜宿ししゅく
二十七宿
尾宿びしゅく

1873年3月18日の干支

年の十二支
酉年とりどし
年の干支
癸酉みずのととり
月の十二支
辰の月たつのつき
月の干支
丙辰ひのえたつ
日の十二支
巳の日みのひ

1873年3月のカレンダー

こよみの豆知識

菜虫化蝶

菜虫化蝶(なむしちょうとなる)は七十二候のひとつで、菜虫(青虫)が羽化しチョウチョになって飛び始める季節です。

彼岸

彼岸(ひがん)は雑節の一つで、春は春分の前後7日間、秋は秋分の前後7日間にあたります。彼岸の日には、先祖のお墓参りをする風習があります。

先負

先負(せんぷ)は六曜の一つで「せんまけ」「さきまけ」とも読みます。先負の日は、争いごとを避けて平穏にするのが良いといわれています。

満(みつ)は十二直の一つで、物事が満ちあふれるという意味があります。満の日は、婚礼・旅行・引っ越しなど、ほぼ全てのことに吉といわれています。

觜宿

觜宿(ししゅく)は二十八宿の一つで、和名では「とろきぼし」と呼ばれます。觜宿の日は、入学のみ吉、家の建築には大凶といわれています。

十死日

十死日(じゅうしにち)は、暦の下段に記されていた凶日の一つです。十死日は、黒日の次に良くない日といわれています。

己巳の日

己巳の日(つちのとみのひ)は、日の干支が己巳にあたる日のことで、60日に一度巡ってきます。己巳の日は、弁財天の縁日となっており、財運や金運に恵まれる日といわれています。

暦と歳時記

記事URLをコピーしました