9月(長月)の暦と歳時記

9月の和名は「長月」です。旧暦の9月は夜が長くなってくる頃であり、「夜長月(よながつき)」を略したものといわれています。また、雨が長く降り続く月でもあるので、「長雨月(ながあめつき)」を略したものという説もあります。

9月の年中行事・祝日

重陽の節句(ちょうようのせっく)

9月9日の重陽の節句は、長寿を願う行事です。旧暦の九月は菊の季節でもあるので、菊の節句ともよばれます。

重陽の節句(ちょうようのせっく)/五節句 9月9日の重陽の節句は、長寿を祈る行事です。菊の節句とも呼ばれ、菊を飾り、菊を用い、菊を楽しむ行事でもあります。平安時代の宮中では、重...

敬老の日

9月の第3日曜日の敬老の日は、「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」祝日です。

秋分の日

秋分の日は、「祖先をうやまい、亡くなった人々をしのぶ」祝日です。

中秋の名月(ちゅうしゅうのめいげつ)

中秋の名月は、旧暦の八月十五日のことで、お月見をする風習があります。

9月の二十四節気・雑節

二百十日(にひゃくとおか)

二百十日は雑節のひとつで、立春を1日目として数えて210日目にあたる日です。天候が荒れることが多く、警戒すべき日とされています。

白露(はくろ)

白露は二十四節気のひとつで、野原や山の草木に露がつく季節です。

白露(はくろ)/二十四節気 白露(はくろ)は、秋の野に降りる「しらつゆ」のことで、大気がひえて野山の草に露ができる季節です。残暑の暑さの中に、秋の気配が濃くなるこ...

秋分(しゅうぶん)

秋分は二十四節気のひとつで、昼と夜の時間がほぼ同じになる季節です。この季節を境に夜の時間が長くなっていきます。

秋分(しゅうぶん)/二十四節気 秋分(しゅうぶん)は、1日の昼と夜の長さがほぼ等しくなる日で、太陽がちょうど真東から上り真西に沈みます。秋分を過ぎると次第に夜が長くな...

秋の彼岸(ひがん)

秋の彼岸は、秋分を中日とした前後3日をあわせた7日間のことをいい、お墓参りなどの先祖供養を行う期間です。

9月のカレンダー

次の月・前の月