7月(文月)の暦と歳時記

7月の和名は「文月」です。書道の上達を祈り歌や願い事などを書く七夕の行事のことを「文被月(ふみひりげづき)」と呼んでいました。それが転じて文月となったといわれています。

7月の年中行事・祝日

七夕(たなばた)

7月7日の七夕は、織姫と彦星が天の川を渡って一年に一度会える日です。短冊に願いを込めて書き、笹に結びつけます。

七夕(たなばた)/五節句 7月7日の七夕(たなばた)は、中国古代からある「星伝説」「乞巧奠(きっこうでん)」という風習と、日本古来の伝説「棚機女(たなばたつめ)...

海の日

7月の第3日曜日の海の日は、「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う」祝日です。

土用の丑(どようのうし)

夏の土用の期間にある丑(うし)の日のことです。ウナギを食べる風習があります。

7月の二十四節気・雑節

半夏生(はんげしょう)

半夏生は雑節のひとつで、一般的に「梅雨明け」にあたる頃です。半夏とは烏柄杓(からすびしゃく)のことをいいます。

小暑(しょうしょ)

小暑は二十四節気のひとつで、梅雨が明けどんどん気温が上がる季節です。

小暑(しょうしょ)/二十四節気 小暑(しょうしょ)は、梅雨が明けて、次第に気温も上がり暑さが厳しくなる季節です。この頃から蓮の花の美しい姿が見られます。 暑中見...

大暑(たいしょ)

大暑は二十四節気のひとつで、夏真っ盛りの暑さの厳しい季節です。

大暑(たいしょ)/二十四節気 大暑(たいしょ)は、子ども達も夏休みに入り、水遊びやセミ取りをするのに楽しい季節です。その名の通り夏真っ盛りで、1年でもっとも暑さの厳...

夏の土用(どよう)

夏の土用は雑節のひとつで、立秋直前の約18日間をさします。土用の食べ物には、小豆あんで餅を包んだ土用餅や、土用の丑の日のウナギがあります。

7月のカレンダー

次の月・前の月