ソウルナンバー(ハート数)/数秘術

ソウルナンバーは、本能的な願望や欲望、心の奥底にある価値観をときあかす数字で、ハート数とも呼ばれます。

このナンバーからは、自身の魂を満たすためには、何をする必要があるかが見えてきます。つまり、ソウルナンバーの特徴を人生に取り入れれば、魂が満足するということです。数秘術のナンバーの中でも3番目に重要な数字です。

ソウルナンバーの計算方法

出生時の名前から計算します。

ステップ1

名前をローマ字で書きます。結婚などで生まれた時と名前が変わっている場合は、生まれた時の名前にします。ローマ字はヘボン式(パスポートで使用する表記)にします。

次の対応表を見て、アルファベットのうち母音(A、I、U、E、O)のみ、1文字ずつ数字に置きかえます。母音以外の文字は使用しません。

アルファベット 置きかえる数字
A、J、S 1
B、K、T 2
C、L、U 3
D、M、V 4
E、N、W 5
F、O、X 6
G、P、Y 7
H、Q、Z 8
I、R 9

例えば、YAMADA SHIRO(山田四郎)さんの場合、YAMADA は AAA のみ置きかえて 111、SHIRO は IO のみ置きかえて 96 とします。

ステップ2

名前の「姓」「名」ごとに置きかえた数字を足し合わせます。これを1桁またはマスターナンバー(11、22、33)になるまで繰り返します。

上の例では、YAMADA の 111 から、1+1+1 = 3 を計算します。1桁になりましたのでここでストップします。

同様に、SHIRO の 96 から、9+6 = 15 を計算します。 1桁でもマスターナンバー(11、22、33)でもありませんので、続けて 1+5 = 6 を計算します。1桁になりました。

ステップ3

ステップ2で計算した「姓」「名」の数字を足し合わせます。

上の例では、3+6 = 9 を計算します。

ステップ4

ステップ3で計算した数に現れる数字を足し合わせ、1桁またはマスターナンバー(11、22、33)になるまで繰り返します。このように計算した数字がソウルナンバーです。

上の例では、9はすでに1桁ですのでソウルナンバーは「9」と計算できました。

数字ごとの特徴

重要な6つのナンバー(コアナンバー)の計算方法は「数秘術(すうひじゅつ)」ページにまとめています。