パーソナリティーナンバー(人格数)/数秘術

パーソナリティーナンバーは、他人からどう見られているかをときあかす数字で、人格数とも呼ばれます。

この数字が示す特性は、他の強いナンバー(ライフパスナンバー、ディスティニーナンバー、ソウルナンバー、バースデーナンバー)の影響により隠されてしまうことがあるといわれています。

パーソナリティーナンバーの計算方法

出生時の名前から計算します。

ステップ1

名前をローマ字で書きます。結婚などで生まれた時と名前が変わっている場合は、生まれた時の名前にします。ローマ字はヘボン式(パスポートで使用する表記)にします。

次の対応表を見て、アルファベットのうち子音(A、I、U、E、O以外)のみ、1文字ずつ数字に置きかえます。母音は使用しません。

アルファベット 置きかえる数字
A、J、S 1
B、K、T 2
C、L、U 3
D、M、V 4
E、N、W 5
F、O、X 6
G、P、Y 7
H、Q、Z 8
I、R 9

例えば、YAMADA SHIRO(山田四郎)さんの場合、YAMADA は YMD のみ置きかえて 744、SHIRO は SHR のみ置きかえて 189 とします。

ステップ2

名前の「姓」「名」ごとに置きかえた数字を足し合わせます。これを1桁またはマスターナンバー(11、22、33)になるまで繰り返します。

上の例では、YAMADA の 744 から、7+4+4 = 15 を計算します。1桁でもマスターナンバー(11、22、33)でもありませんので、続けて 1+5 = 6 を計算します。1桁になりました。

同様に、SHIRO の 189 から、1+8+9 = 18 を計算します。 1桁でもマスターナンバー(11、22、33)でもありませんので、続けて 1+8 = 9 を計算します。1桁になりました。

ステップ3

ステップ2で計算した「姓」「名」の数字を足し合わせます。

上の例では、6+9 = 15 を計算します。

ステップ4

ステップ3で計算した数に現れる数字を足し合わせ、1桁またはマスターナンバー(11、22、33)になるまで繰り返します。このように計算した数字がパーソナリティーナンバーです。

上の例では、1+5 = 6 を計算します。1桁になりましたので、 パーソナリティーナンバーは「6」と計算できました。

数字ごとの特徴

重要な6つのナンバー(コアナンバー)の計算方法は「数秘術(すうひじゅつ)」ページにまとめています。

数秘術を学ぶ

資格を取る

数秘術の資格には、日本占い師協会の「数秘術鑑定士」と、日本メディカル心理セラピー協会の「ヌメロロジスト」があります。どちらもSARAスクールで取得することができます。


本で学ぶ

数秘術を学びたいけれど資格はいらない、という方には書籍もたくさん出版されています。