マチュリティーナンバー(実現数)/数秘術

マチュリティーナンバーは、将来の可能性や人生の目標・最終目的地をときあかす数字で、実現数とも呼ばれます。運命が導くところはどこか、人生の後半に期待できることは何かを教えてくれる重要な数字です。

成長するにつれ、この数字の影響が徐々に強くなり、50歳までには人生にその影響を感じられるようになるでしょう。長期的な目標を立てたり、長期的な物事の決断を下したりする際に、気に留めておく必要があるといえます。

マチュリティーナンバーの計算方法

ステップ1

ライフパスナンバー」と「ディスティニーナンバー」を足し合わせます。

例えば、1994年1月29日生まれの、YAMADA SHIRO(山田四郎)さんの場合、ライフパスナンバーは8、ディスティニーナンバーは6でしたので、8+6 = 14 を計算します。

ステップ2

ステップ1で計算した数に現れる数字を足し合わせ、1桁またはマスターナンバー(11、22、33)になるまで繰り返します。このように計算した数字がマチュリティーナンバーです。

上の例では、14に現れる数字を足し合わせ 1+4 = 5 を計算します。1桁になりましたので、マチュリティーナンバーは「5」と計算できました。

数字ごとの特徴

重要な6つのナンバー(コアナンバー)の計算方法は「数秘術(すうひじゅつ)」ページにまとめています。