数秘術「6」の特徴・適職

数秘術で「6」は「お世話好き」をあらわす数字です。

数秘術「6」の特徴

6の人は、誰かを助けることを楽しみ、カウンセラーやアドバイザーのように自然と振る舞います。友人の心を癒したり、家族を元気にしたりといった人の役に立つことが好きで、誰かの役に立っていることで幸せを感じます。義理がたく、まわりの人に安心感も与えます。愛情、友情、家族は6の人にとって最も重要なものといえます。

また、6の人はとても頑張りやで完璧主義者なので、何をするにも「まだ不十分」と考える傾向にあります。援助のし過ぎは干渉につながること、手伝うことと相手が自分でできる力を身に付けることとは異なる、ということを知る必要があります。一方的な援助は、愛ではなく支配なのです。また、奉仕するだけでなく、逆に素直に受け取ることも必要です。程よいバランスを見つけることで、幸せで充実した人生を送れるでしょう。

数秘術「6」の強み

  • 気前が良い
  • 育てる
  • 支える
  • 愛する
  • 信頼できる

数秘術「6」の弱み

  • 干渉
  • 批判
  • 完璧主義
  • 偉そう
  • 非現実的

数秘術「6」の適職

  • 教師
  • 保育士
  • カウンセラー
  • セラピスト
  • インテリアデザイナー
  • シェフ
  • 音楽家
  • スタイリスト
  • 客室乗務員
  • カスタマーサービス担当者
  • 医療関係者
  • 栄養士
  • 主婦(夫)

6つのコアナンバー

どのナンバーに「6」が現れるかによって違いがあります。

ナンバー 違い
ライフパスナンバー 既にある特徴をときあかす。
ディスティニーナンバー 人生の使命をときあかす。
ソウルナンバー 心の奥底にある願望・価値観をときあかす。
パーソナリティーナンバー 他人からどのように見られているかをときあかす。
マチュリティーナンバー 人生の後半に出てくる特徴をときあかす。
バースデーナンバー 才能や能力をときあかす。

数字ごとの特徴