天秤座(てんびんざ)の神話と誕生日/12星座

天秤座(てんびんざ)は夏の宵の南の空低く、さそり座のS字カーブの先にみられる星座で、ラテン語で Libra(リブラ)と呼ばれます。ギリシャ神話では、正義の女神アストレアが人間の善悪をはかるために使用した天秤のことをいいます。

天秤座とギリシャ神話

人間が争うことなく平和に暮らしていた時代には、神も人間も一緒に地上に暮らしていたといいます。しかし、人間はだんだん武器を持ち争うようになり、神々は嫌気がさして次々と天へ帰りました。

女神アストレアだけは地上に残り、人間に平和と正義を説きましたが、戦いやだまし合いが激しくなりとうとう天へ帰りました。

そして、アストレアの持つ善悪をはかるてんびんは、てんびん座になったとされています。

天秤座の誕生日はいつ?

天秤座(てんびんざ)の誕生日は「9月23日~10月23日」です。

誕生日ごとに暦や誕生花も紹介しています。

12星座の神話と誕生日

12星座の神話と誕生日」ページで、12星座の由来や誕生日早見表を紹介しています。