魚座(うおざ)の神話と誕生日/12星座

魚座(うおざ)は秋の宵の空高くにみられる星座で、ラテン語で Pisces(ピスケス)と呼ばれます。ギリシャ神話では、愛と美の女神アフロディーテ(ビーナス)とエロス(キューピッド)の親子のことをいいます。

魚座とギリシャ神話

ある時、愛と美の女神アフロディーテとエロスの親子が川辺を散歩していると、ギリシャ神話で一番の悪役のテュフォンが突然現れ、2人に襲い掛かりました。驚いた2人は、大慌てで魚の姿に変身すると、離れないようにリボンで結びつけ川に飛び込みました。

この様子を空から見ていた女神アテナは、親子を星座にしたといわれています。

魚座の誕生日はいつ?

魚座(うおざ)の誕生日は「2月19日~3月20日」です。

誕生日ごとに暦や誕生花も紹介しています。

12星座の神話と誕生日

12星座の神話と誕生日」ページで、12星座の由来や誕生日早見表を紹介しています。