射手座(いてざ)/12星座の神話と誕生日

射手座(いてざ)は夏の宵の南の空低く、天の川の最も明るい部分にみられる星座で、ラテン語で Sagittarius(サギッタリウス)と呼ばれます。ギリシャ神話では、上半身が人間で下半身が馬のケイローンが弓をひく姿のことをいいます。

射手座とギリシャ神話

ケイローンは、乱暴者の多い半身馬人のケンタウルス属の中では珍しく、とても賢くて正義感の強い馬人でした。

しかも、日の女神アポロンや、月の女神アルテミスから、音楽、医術、予言の術の教えをうけ、その知識を若い英雄たちに授けていました。

ある日のこと、ケイローンの生徒であるヘラクレスの放った矢が、誤ってひとりの馬人の腕をつらぬいて、ケイローンの腕に刺さってしまいました。

この矢には、うみへびヒドラの猛毒がぬってありました。ケイローンは不死身に生まれついていたため、死ぬこともできず、もがき苦しみました。とうとう痛みにたえかね、不死身の体を他のものにゆずってやっと死ぬことができました。

大神ゼウスは立派な教育者であったケイローンの死を惜しみ、射手座として天にあげたといわれています。

射手座の誕生日はいつ?

射手座(いてざ)の誕生日は「11月23日~12月21日」です。

星座 誕生日 ラテン語
射手座いてざ 11月23日~12月21日 Sagittarius

12星座一覧