水瓶座(みずがめざ)の神話と誕生日/12星座

水瓶座(みずがめざ)は秋の夜空にみられる星座で、ラテン語で Aquarius(アクアリウス)と呼ばれます。ギリシャ神話では、ゼウスに仕えたトロイの美少年ガニュメデスが水瓶を持つ姿のことをいいます。

水瓶座とギリシャ神話

あるところに金色に輝く体をした、とても美しいガニュメデスという少年がいました。大神ゼウスはかねてより、ガニュメデスの美しさがお気に入りでした。そこで、大神ゼウスは黒鷲に変身しガニュメデスをさらい、オリンポスの神々の酒宴の席でお酌をさせました。

羊飼いでもあったガニュメデスは大神ゼウスに願って、草原を育み羊たちの命を支える水を自由にできる力を与えてもらい、やさしく地上に降りそそぐ雨の神としても敬われるようになったといわれています。

水瓶座の誕生日はいつ?

水瓶座(みずがめざ)の誕生日は「1月20日~2月18日」です。

誕生日ごとに暦や誕生花も紹介しています。

12星座の神話と誕生日

12星座の神話と誕生日」ページで、12星座の由来や誕生日早見表を紹介しています。