秋分(しゅうぶん)/二十四節気

秋分(しゅうぶん)は、1日の昼と夜の長さがほぼ等しくなる日で、太陽がちょうど真東から上り真西に沈みます。秋分を過ぎると次第に夜が長くなっていきます。

秋分の3日前から3日後までの7日間は「秋の彼岸」にあたります。暑さ寒さも彼岸までといわれるように、この日を境にどんどん涼しくなっていきます。また「秋分の日」は国民の祝日にもなっています。

秋分はいつ?

今年(2022年)の秋分は「9月23日」です。

日付 二十四節気 節月
2023年9月23日(土)
秋分しゅうぶん
8月中
2022年9月23日(金)
秋分しゅうぶん
8月中
2021年9月23日(木)
秋分しゅうぶん
8月中

秋分の候

秋分の候(しゅうぶんのこう)は、秋分の日から寒露(かんろ)の前日までの期間をあらわします。候の字には季節の意味があり、手紙や挨拶で「秋分の候」を使うときは、この期間に使います。

日付 二十四節気
2023年9月23日-10月7日
秋分の候しゅうぶんのこう
2022年9月23日-10月7日
秋分の候しゅうぶんのこう
2021年9月23日-10月7日
秋分の候しゅうぶんのこう

秋分と七十二候

1年を72の季節に分けた七十二候(しちじゅうにこう)では、秋分の日から次の節気までの期間は3つの季節に分けられます。

雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)

秋分初候「雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)」は七十二候のひとつで、雷を伴う夕立が降らなくなる季節です。空の雲は、入道雲から鰯雲(いわしぐも)へと変わり、秋の空が晴れ渡ります。

日付 七十二候
2023年9月23日-9月27日
雷乃収声かみなりすなわちこえをおさむ
2022年9月23日-9月27日
雷乃収声かみなりすなわちこえをおさむ
2021年9月23日-9月27日
雷乃収声かみなりすなわちこえをおさむ

蟄虫坏戸(むしかくれてとをふさぐ)

秋分次候「蟄虫坏戸(むしかくれてとをふさぐ)」は七十二候のひとつで、虫たちが巣ごもりの仕度をはじめ、土の中に隠れる季節です。

日付 七十二候
2023年9月28日-10月2日
蟄虫坏戸むしかくれてとをふさぐ
2022年9月28日-10月2日
蟄虫坏戸むしかくれてとをふさぐ
2021年9月28日-10月2日
蟄虫坏戸むしかくれてとをふさぐ

水始涸(みずはじめてかるる)

秋分末候「水始涸(みずはじめてかるる)」は七十二候のひとつで、田んぼから水を抜き、稲の収穫に備える季節です。

日付 七十二候
2023年10月3日-10月7日
水始涸みずはじめてかるる
2022年10月3日-10月7日
水始涸みずはじめてかるる
2021年10月3日-10月7日
水始涸みずはじめてかるる

次の節気・前の節気