処暑(しょしょ)/二十四節気

処暑(しょしょ)は、昼間はまだ暑い日が続くものの、厳しい暑さのピークは過ぎ、朝の風や夜の虫の声に秋の気配を感じる季節です。台風の被害が多くなる時期でもあり、雑節の二百十日(立春から数えて210日目)は、昔から水害や暴風被害の警戒をする日とされてきました。

処暑はいつ?

今年(2022年)の処暑は「8月23日」です。

日付 二十四節気 節月
2023年8月23日(水)
処暑しょしょ
7月中
2022年8月23日(火)
処暑しょしょ
7月中
2021年8月23日(月)
処暑しょしょ
7月中

処暑の候

処暑の候(しょしょのこう)は、処暑の日から白露(はくろ)の前日までの期間をあらわします。候の字には季節の意味があり、手紙や挨拶で「処暑の候」を使うときは、この期間に使います。

日付 二十四節気
2023年8月23日-9月7日
処暑の候しょしょのこう
2022年8月23日-9月7日
処暑の候しょしょのこう
2021年8月23日-9月6日
処暑の候しょしょのこう

処暑と七十二候

1年を72の季節に分けた七十二候(しちじゅうにこう)では、処暑の日から次の節気までの期間は3つの季節に分けられます。

綿柎開(わたのはなしべひらく)

処暑初候「綿柎開(わたのはなしべひらく)」は七十二候のひとつで、綿の実がはじける季節です。種を包む綿毛をほぐし、綿の糸を紡ぎます。

日付 七十二候
2023年8月23日-8月27日
綿柎開わたのはなしべひらく
2022年8月23日-8月27日
綿柎開わたのはなしべひらく
2021年8月23日-8月27日
綿柎開わたのはなしべひらく

天地始粛(てんちはじめてさむし)

処暑次候「天地始粛(てんちはじめてさむし)」は七十二候のひとつで、ようやく夏の暑さが落ち着きはじめ、万物があらたまる季節とされています。「粛(しゅく)」には、ちぢむ、衰えるという意味があります。

日付 七十二候
2023年8月28日-9月2日
天地始粛てんちはじめてさむし
2022年8月28日-9月1日
天地始粛てんちはじめてさむし
2021年8月28日-9月1日
天地始粛てんちはじめてさむし

禾乃登(こくものすなわちみのる)

処暑末候「禾乃登(こくものすなわちみのる)」は七十二候のひとつで、田んぼに稲が実る季節です。禾(のぎ)とは稲や粟などの穀物のことをいいます。

日付 七十二候
2023年9月3日-9月7日
禾乃登こくものすなわちみのる
2022年9月2日-9月7日
禾乃登こくものすなわちみのる
2021年9月2日-9月6日
禾乃登こくものすなわちみのる

次の節気・前の節気