立秋(りっしゅう)/二十四節気

立秋(りっしゅう)は、暦の上では秋のはじまりですが、まだまだ暑さが続きます。しかし、空を行く雲の姿や夜風などは、どことなく秋の気配を感じる季節です。

立秋を過ぎると挨拶状は、「暑中見舞い」から「残暑見舞い」へと変わります。

立秋はいつ?

今年(2022年)の立秋は「8月7日」です。

日付 二十四節気 節月
2023年8月8日(火)
立秋りっしゅう
7月節
2022年8月7日(日)
立秋りっしゅう
7月節
2021年8月7日(土)
立秋りっしゅう
7月節

立秋の候

立秋の候(りっしゅうのこう)は、立秋の日から処暑(しょしょ)の前日までの期間をあらわします。候の字には季節の意味があり、手紙や挨拶で「立秋の候」を使うときは、この期間に使います。

日付 二十四節気
2023年8月8日-8月22日
立秋の候りっしゅうのこう
2022年8月7日-8月22日
立秋の候りっしゅうのこう
2021年8月7日-8月22日
立秋の候りっしゅうのこう

立秋と七十二候

1年を72の季節に分けた七十二候(しちじゅうにこう)では、立秋の日から次の節気までの期間は3つの季節に分けられます。

涼風至(すずかぜいたる)

立秋初候「涼風至(すずかぜいたる)」は七十二候のひとつで、残暑は厳しいものの、涼しい風が吹き始める季節です。

日付 七十二候
2023年8月8日-8月12日
涼風至すずかぜいたる
2022年8月7日-8月12日
涼風至すずかぜいたる
2021年8月7日-8月11日
涼風至すずかぜいたる

寒蝉鳴(ひぐらしなく)

立秋次候「寒蝉鳴(ひぐらしなく)」は七十二候のひとつで、ツクツクボウシが鳴き始め、夕暮れ時のヒグラシの声はどこか寂しく感じられる季節です。

寒蝉(かんせん)とは、立秋を過ぎて鳴くセミのことをいいます。ヒグラシは秋の季語ですが、鳴き始めるのは6月の終わりごろです。

日付 七十二候
2023年8月13日-8月17日
寒蝉鳴ひぐらしなく
2022年8月13日-8月17日
寒蝉鳴ひぐらしなく
2021年8月12日-8月17日
寒蝉鳴ひぐらしなく

蒙霧升降(ふかききりまとう)

立秋末候「蒙霧升降(ふかききりまとう)」は七十二候のひとつで、深い霧がもうもうと立ち込める季節です。

日付 七十二候
2023年8月18日-8月22日
蒙霧升降ふかききりまとう
2022年8月18日-8月22日
蒙霧升降ふかききりまとう
2021年8月18日-8月22日
蒙霧升降ふかききりまとう

次の節気・前の節気