立春(りっしゅん)/二十四節気

立春(りっしゅん)は、暦の上では春を迎える日で、厳しい寒さが徐々に和らぎ、春の気配を感じられるころとされています。雑節(八十八夜や二百十日など)の基準日にもなっています。また春一番は、立春以降にはじめて吹く南寄りの強い風のことをいいます。

旧暦では1月1日は立春の前後にやってきます。年賀状に「迎春」「初春」と書くのはその名残です。特に立春と旧暦の元旦が重なることを朔旦立春(さくたんりっしゅん)と呼び、特に縁起が良いとされています。

立春はいつ?

今年(2022年)の立春は「2月4日」です。

日付 二十四節気 節月
2023年2月4日(土)
立春りっしゅん
1月節
2022年2月4日(金)
立春りっしゅん
1月節
2021年2月3日(水)
立春りっしゅん
1月節

立春の候

立春の候(りっしゅんのこう)は、立春の日から雨水(うすい)の前日までの期間をあらわします。候の字には季節の意味があり、手紙や挨拶で「立春の候」を使うときは、この期間に使います。

日付 二十四節気
2023年2月4日-2月18日
立春の候りっしゅんのこう
2022年2月4日-2月18日
立春の候りっしゅんのこう
2021年2月3日-2月17日
立春の候りっしゅんのこう

立春と七十二候

1年を72の季節に分けた七十二候(しちじゅうにこう)では、立春の日から次の節気までの期間は3つの季節に分けられます。

東風解凍(はるかぜこおりをとく)

立春初候「東風解凍(はるかぜこおりをとく)」は七十二候のひとつで、暖かい春風が吹きはじめ、川や湖の厚い氷を解かしはじめる季節です。七十二候は中国で考案されたため東風と書きますが、日本では春の風は南から吹いてきます。

日付 七十二候
2023年2月4日-2月8日
東風解凍はるかぜこおりをとく
2022年2月4日-2月8日
東風解凍はるかぜこおりをとく
2021年2月3日-2月7日
東風解凍はるかぜこおりをとく

黄鶯睍睆(うぐいすなく)

立春次候「黄鶯睍睆(うぐいすなく)」は七十二候のひとつで、まだまだ寒さの厳しい日があるものの、山では春の到来を告げるウグイスがホーホケキョと美しい声を響かせる季節です。黄鶯はチョウセンウグイスのことを指しました。

日付 七十二候
2023年2月9日-2月13日
黄鶯睍睆うぐいすなく
2022年2月9日-2月13日
黄鶯睍睆うぐいすなく
2021年2月8日-2月12日
黄鶯睍睆うぐいすなく

魚上氷(うおこおりをいずる)

立春末候「魚上氷(うおこおりをいずる)」は七十二候のひとつで、解けた氷の間から魚が跳ね上がり、春の兆しが一段と感じられる季節です。

日付 七十二候
2023年2月14日-2月18日
魚上氷うおこおりをいずる
2022年2月14日-2月18日
魚上氷うおこおりをいずる
2021年2月13日-2月17日
魚上氷うおこおりをいずる

次の節気・前の節気