二十四節気・雑節と七十二候

二十四節気(にじゅうしせっき)や雑節(ざっせつ)、七十二候(しちじゅうにこう)の日付や季節についてまとめています。

二十四節気とは

二十四節気は、1年を24個の季節に分けたもので、古代中国で考案されました。旧暦で使われた古いものと思われがちですが、太陽と地球の位置関係をもとにした、とても科学的な季節の分類です。夏至や冬至、春分や秋分などは、現在の暮らしにも定着しています。

二十四節気早見表

2021年の二十四節気

日付 二十四節気
1月5日(火) 小寒 (しょうかん)
1月20日(水) 大寒 (だいかん)
2月3日(水) 立春 (りっしゅん)
2月18日(木) 雨水 (うすい)
3月5日(金) 啓蟄 (けいちつ)
3月20日(土) 春分 (しゅんぶん)
4月4日(日) 清明 (せいめい)
4月20日(火) 穀雨 (こくう)
5月5日(水) 立夏 (りっか)
5月21日(金) 小満 (しょうまん)
6月5日(土) 芒種 (ぼうしゅ)
6月21日(月) 夏至 (げし)
日付 二十四節気
7月7日(水) 小暑 (しょうしょ)
7月22日(木) 大暑 (たいしょ)
8月7日(土) 立秋 (りっしゅう)
8月23日(月) 処暑 (しょしょ)
9月7日(火) 白露 (はくろ)
9月23日(木) 秋分 (しゅうぶん)
10月8日(金) 寒露 (かんろ)
10月23日(土) 霜降 (そうこう)
11月7日(日) 立冬 (りっとう)
11月22日(月) 小雪 (しょうせつ)
12月7日(火) 大雪 (たいせつ)
12月22日(水) 冬至 (とうじ)

前後の年の二十四節気

雑節とは

雑節は、二十四節気を補完するものとして日本独自に考案されました。八十八夜や二百十日など、農作業の目安とするものが多くあります。

雑節早見表

2021年の雑節

日付 雑節
2月2日(火) 節分 (せつぶん)
3月17日(水) 彼岸 (ひがん) 入り
5月1日(土) 八十八夜 (はちじゅうはちや)
6月11日(金) 入梅 (にゅうばい)
7月2日(金) 半夏生 (はんげしょう)
7月19日(月) 土用 (どよう) 入り
8月31日(火) 二百十日 (にひゃくとおか)
9月20日(月) 彼岸 (ひがん) 入り

前後の年の雑節

七十二候とは

七十二候は、二十四節気をさらに3つずつの季節に分けたもので、1年では72個の季節になります。四季折々の自然に目を向けると、季節の細やかな移り変わりを感じることができます。古代中国で考案されたものですが、日本の気候にあわせて何度か変更されています。

七十二候早見表

2021年の七十二候

前後の年の七十二候