帯祝い(おびいわい)と戌の日の安産祈願

帯祝いは、妊娠5か月目の戊(いぬ)の日に、安産を願う習わしです。

帯祝いとは

帯祝いは妊婦の家族が集まって、岩田帯と呼ばれる腹帯を妊婦のお腹に巻いて安産を願う儀式です。多産でお産の軽い犬にあやかって、妊娠5か月目の戌の日におこなわれてきました。

岩田帯は、儀式用の紅白2本の絹の帯と、普段使うための白木綿の帯を妻の実家から贈るのが習わしです。デパートや安産祈願の神社で3千円程度から購入できます。妊婦のお腹を保護し冷えから母体を守る役割があり、かつて帯祝い後は日ごろから帯を巻いて過ごしていました。現在は帯でお腹を圧迫しないように産院で着帯の指導をうけることが多く、着用しやすいマタニティガードルやコルセットタイプのものを日常的に利用する妊婦さんが増えています。

神社で安産祈願のお参りをしたあとに、親しい親族で食事をして祝うことが一般的ですが、夫婦だけで簡単にお祝いする場合も多いようです。安産を祈り、妊娠の喜びを家族で分かちあいながら、楽しく食事をとりましょう。

神社での安産祈願

帯祝いに合わせて、安産祈願のお参りをします。ただし、安産祈願で有名な神社は休日や戌の日は混雑しますので、妊婦の体調を気づかって別の日にお参りしてもかまいません。戌の日に限らず毎日祈祷を受け付けている神社もあります。

参拝の服は普段着で構いませんが、清潔な服装がよいでしょう。

戌(いぬ)の日カレンダー

今後1年間の戌の日です。戌の日は12日ごとにめぐってきます。

2022年1月 9日(日)21日(金)
2022年2月 2日(水)14日(月)26日(土)
2022年3月 10日(木)22日(火)
2022年4月 3日(日)15日(金)27日(水)
2022年5月 9日(月)21日(土)
2022年6月 2日(木)14日(火)26日(日)
2022年7月 8日(金)20日(水)
2022年8月 1日(月)13日(土)25日(木)
2022年9月 6日(火)18日(日)30日(金)
2022年10月 12日(水)24日(月)
2022年11月 5日(土)17日(木)29日(火)
2022年12月 11日(日)23日(金)

子供のお祝い一覧

子供のお祝い・成長祈願」ページに早見表としてまとめています。